AGAメンズ品川スキンクリニックMEN’Sは、AGA治療・医療レーザー脱毛・ワキ汗対策など行うメンズ専門のクリニックです。

電話番号

髪の毛豆知識

髪の毛はどうなっている?

髪の毛は毛幹部(頭皮の外側部分)と毛根部(頭皮に隠れている部分)からなります。
この毛根部の髪の毛を包んでいる部分を毛包(もうほう)といいます

毛包には髪の成長のために必要な酸素や栄養を送り届けるための毛細血管が張り巡らされています。

毛球は毛包の深いところにあり、毛母細胞と毛乳頭からできています。
毛乳頭を取り囲むように存在する毛母細胞が毛乳頭から運ばれる酸素や栄養を取りこみ髪の毛をつくります

髪の毛は変わっていく

生まれたばかりの人間の頭には「産毛(うぶげ)」と呼ばれる毳毛(ぜいもう)が生えています。この毳毛は母親の胎内にいるときから生えている一次毛と呼ばれるもので、いわゆる「生毛(うぶげ)」と呼ばれている軟毛(二次毛)とは異なります。一次毛(毳毛)は出生して6ヵ月程度で二次毛(軟毛)に生え変わります

軟毛

二次毛(軟毛)にはメラニン色素がほとんど含まれておらず淡い色をしています。 太さは約0.05mm、長さは数mm~数cm程度です。

硬毛

思春期から成長期にかけ、生毛(軟毛)は終毛(硬毛)へ生え変わります。
硬毛はメラニン色素と毛髄質が含まれたコシのある艶やかな、いわゆる大人の毛髪です。
太さは約0.07mm~0.15mmほどです。

しかし、大人の頭髪がすべて終毛(硬毛)であるかといえば、そうとは限りません。
AGA(男性型脱毛症)の場合、終毛(硬毛)が生毛(軟毛)に戻ってしまうこともあります

薄毛に悩んでいる方はまずはその原因が抜け毛なのか、毛髪が細くなっているのか、もしくはその双方が起こっているのかをきちんと認識する必要があります

抜け毛は毎日発生している

1日に抜ける髪の量にはかなりの個人差があります。少ない人で数本、多い人で200本以上と言われています。
また、季節によっても抜け毛の量は変化し、諸説ありますが秋が一番自然脱毛の増える時期だという報告もあります。
このように個人差や同じ人でも時期によって抜け毛の量が変化しますので、一概に抜け毛の量でAGAかどうかは判断できませんが、完全に伸びきっていない成長途中の抜け毛が目立つようになるとAGAの可能性がありますので要注意です。

通院・治療効果の検証

禁煙

喫煙は毛根にもよくありません。血行を悪くし、髪も栄養不足になってしまうので、控えめにするとよいでしょう。

規則正しい食事・食生活

乱れた食生活が原因で肌の調子が悪くなるように、体の栄養状態は髪にも現われます。特に、過度な飲酒は食事バランスを崩す原因になります。
髪のコンディションを保つためにはバランスのよい食事をとるように心がけてください。

ストレスフリーな生活

精神的なストレスは睡眠不足や食生活の乱れにも繋がり、髪にとってよくない環境になってしまいます。
多かれ少なかれ誰しもストレスは抱えているかと思いますが、上手に発散してストレスを溜め込まないようにしましょう。

無料カウンセリング予約 TOP