AGAメンズ品川スキンクリニックMEN’Sは、AGA治療・医療レーザー脱毛・ワキ汗対策など行うメンズ専門のクリニックです。

電話番号

最新治療トピックス

薄毛の原因

日本人男性の約30%がAGA(男性型脱毛症)であると言われています。
つまり薄毛を気にしている成人男性は約3人に1人の割合です。全国では1260万人*にものぼります。 原因として、遺伝的要素ホルモン老化ストレスなどが考えられています。

※坂見 智 日本医事新報 2004;No4209:27-29より

どうしてAGAの症状が起こるのか

AGA(男性型脱毛症)は遺伝男性ホルモン老化ストレス生活習慣などが原因と考えられています。

原因1 遺伝

「ドイツ・ボン大学の研究チームが "はげの遺伝子" の有力候補の一つを発見し、 米専門誌アメリカン・ジャーナル・オブ・ヒューマン・ジェネティクス7月号(電子版)に発表」をしました。

研究チームは「遺伝子異変のため頭皮でアンドロゲンの働きが強まって髪の毛が抜けやすくなるのではないか」と みています。「ほかにもはげの遺伝子があると思われるので、一概には言い切れない」としています。 (『朝日新聞』2005.06.13夕刊)

また、若くしてはげ始めた人は、男性ホルモン(アンドロゲン)の受容体遺伝子に 異変が目立つことが分かっています。

前頭部と頭頂部は男性ホルモンの影響をうけやすく、軟毛化を引き起こします。 また、脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられます。 DHTは5α-還元酵素という酵素によってテストステロンからつくられますが、 これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられます。

頭髪に数々の悪影響を与えてしまい、成長期が短くなることにより、 髪の毛が成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細く短い髪の毛が多くなることにより、 全体的にうす毛が目立つようになります。ヘアサイクルの乱れを防ぐことが大切になってきます。

ストレスが毛髪、あるいは頭皮に与える影響に、血行不良不眠症などがあります。 例えば、血行が悪くなると十分な栄養分が細胞に送れなくなり、発毛力が落ちてしまいます。 このことが薄毛の要因となります。

血行をコントロールしているのは自律神経です。強いストレスを受けると、自律神経が緊張し、血管の収縮を起こします。 血管が収縮することにより、血流が減少するため、結果血行が悪くなってしまいます。

ストレス解消は人それぞれですが、自分に合ったストレス発散・解消により、 良質な睡眠を取れるようにしましょう。心身共に健康になるスポーツや、心に癒しを与える趣味などのストレス解消により、抜け毛を予防しましょう。

無料カウンセリング予約 TOP