AGAメンズ品川スキンクリニックMEN’Sは、AGA治療・医療レーザー脱毛・ワキ汗対策など行うメンズ専門のクリニックです。

電話番号

当院のAGA治療

他院との違い

男性型脱毛症(AGA)とは

AGAメンズ品川スキンクリニックでは医療機関の強みとして、オリジナル配合でAGA処方薬を調剤し、品川オリジナルカクテルとして処方します
最大限に効果が発揮できるように
プロペシアの成分であるフィナステリド
発毛効果が期待されるミノキシジル
・髪に必要なミネラル
を配合したオリジナル処方薬です。

男性型脱毛症(AGA)とは

プロペシアの成分フィナステリドは元々前立腺肥大の薬として開発されました。DHTによる脱毛作用を抑止するものであり、決して発毛に作用する薬ではありませんが、臨床試験では服用者の多くにある程度の発毛が認められ、男性型脱毛症の治療薬としてアメリカで発売されました。
※日本では2005年12月に万有製薬(現:MSD)から発売されました。

国内臨床試験時では、 1mg のプロペシアで胃部不快感、性欲減退など 6% 程度の副作用が認められましたが、この副作用の発現頻度は、プラセボ(偽薬)という有効成分の入っていない錠剤で起こった副作用の頻度と同程度になります。性欲減退の副作用を気にする声もありますが、性欲を司るテストステロンを減少させる薬ではありませんので、理論上この副作用は起こりえません。実際、この副作用の発現頻度もプラセボと変わらないものとなっています。

プロペシアの効き目がみられるまでには通常6ヵ月の服用が目安となりますので、最低でも半年は続けていただくことが大切です。途中で止めてしまうと、元のAGAに戻ってしまいます。

男性型脱毛症(AGA)とは

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として、プロスカー、プロペシアの商品名で多くの国で販売されています。男性ホルモンテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)へ変換する酵素である2型5-α還元酵素を阻害することによって、脱毛を防ぐ作用があります。

DHTとは皮脂腺の受容体と結びつき過剰な皮脂を分泌させ、毛穴を塞いで男性型脱毛を誘発します。このDHTの生成を阻害することで、脱毛を防ぐ効果を発揮します。男性型脱毛症は、時間と共に進行していくものであり、髪が薄くなっていくことを抑える事がまず大切になります。

国内の臨床試験では、半年で 48%、1年で 58%、2年では 68%、3年で 78% と髪が増える人が経時的に増加しています。また髪が増えるだけでなく、髪の質(長さ、太さ)なども改善することも分かっています。頭頂部だけでなく髪の毛の生え際などの前髪にも効果がある点も、従来の育毛剤とは異なっています。

アメリカ食品医薬品局 (FDA) が認めた男性型脱毛症に有効な薬は、このフィナステリドとミノキシジルのみとなっています。

男性型脱毛症(AGA)とは

ミノキシジルは、高血圧を治療するために経口薬(商標「ロニテン」を備えた)として使用されました。そのなかで発毛という面白い副作用が注目され、発毛薬として米アップジョン社はアメリカとカナダの商標ロゲインとして発売しました。
また、ミノキシジルが発毛を促進するメカニズムは、完全には理解されていません。ミノキシジルは血管拡張剤なので、仮説としては血管を広げて酸素、血液およびカリウムを含む栄養素を毛嚢へより多く運ぶ作用から、発毛に効果があるとも言われています。

無料カウンセリング予約 TOP